教えて!3Dプリンター徹底リサーチ

金属3dプリンターでできる事はたくさんあります

今まで製造する事ができなかった形状も金属3dプリンターなら、製造できる場合があります。最新設備を取り入れる事で、複雑な形状も製造できるようになりますし、製品の軽量化も可能となるため、今まで課題だったことを解決できる企業もある事に注目です。

工場でいろんな金属を取り扱い、製品開発に力を入れるところも多く、金属3dプリンターに注目することで、今まで難しいと感じていたことができるようになり、ビジネスチャンスが生まれます。今まで違う素材で試作品を作っていたケースも最新設備を取り入れて、直接造形できるようになり、作業時間短縮につながる点も魅力です。

比較サイトをチェックして、金属3dプリンターの性能や費用をチェックしながら、新しい設備を取り入れる事で、仕事の進め方がどう変わっていくのかをイメージする事も大切です。仕事の負担も軽減されるため、従業員の働き方の見直しにもつなげていく事ができるメリットがあります。

SOLIZE Products株式会社

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス ★★★★★
利便性 ★★★★

ポイント

  • きちんと考えた上で金属造形をおこなってくれる
  • 工場見学も申し込むことができる
  • プリンターのレンタルもしてくれる

SOLIZE Products株式会社に依頼をすれば、高性能の金属3dプリンターを利用して、要望通りのものを作ってくれます。ただ作るだけではなく、材料や形状を考えた上で金属造形してくれるので満足できるでしょう。

金属3dプリンターに興味があるのなら、SOLIZE Products株式会社の工場に訪れることが可能です。ウェブサイトから工場見学を申し込むことができるので、本格的に3dプリンターを利用したい方は参考になります。

金属造形をやってもらうのではなく、自分たちでおこないたいのなら、機器のレンタルを頼むこともできます。そのときは、技術者もレンタルできるため、初めて利用するケースでも安心です。

公式サイトはコチラ

白銅株式会社

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
利用満足度 ★★★
サービス ★★★★★
利便性 ★★★

ポイント

  • 主にいろんな金属などの素材の加工や販売を行ってること
  • 金属3Dプリンターでの造形作業を行ってること
  • 特注品と標準在庫品の両方に対応していること

白銅株式会社は1932年に個人商店として創業し1949年に設立された会社で、主に様々な素材を加工販売しています。この会社の本社は東京の千代田区の丸の内にありますが、他に営業所として6か所と工場が5か所活動しています。また外国でもアジアの中国とベトナムに活動拠点があります。なお会社の営業時間や休業日は外部に公開されていませんが、土休日を除いた朝8時半から18時まで電話とファックス対応しています。

その白銅株式会社の主な業務内容は金属素材やプラスチック素材などの加工や販売ですが、それの一環として3dプリンターでの加工造形作業があります。プリンターはProXDMP300を使用して5つの金属素材で24時間対応で造形するとしています。

3dプリンター以外の加工販売作業では特注品や標準在庫品の販売、さらに他社が製造販売している製品の取り寄せ作業も行っています。それらの一例では航空宇宙規格材料やアルミニウム押出型材などが該当しています。

公式サイトはコチラ

株式会社J・3D

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
利用満足度 ★★★
サービス ★★★★
利便性 ★★★★

ポイント

  • 金属部品の複雑な形状も3Dデーターからダイレクトに製作することができます。
  • ナイロン12とガラス入りナイロン材料を使用して樹脂も3Dデータからダイレクトに造形できます。
  • ハイエンド非接触光学式3次元デジタイザによりスキャニングからリバースエンジニアリングまでできます

複雑な金属部品も株式会社J・3Dが対応している金属3dプリンターを用いることによって、ダイレクトに作ることができます。ダイカスト金型、樹脂金型、ダイクエンチ等の製作など多様な部品に対応でき、金属加工の設計担当の方に試作から量産までのお手伝いができます。

樹脂3dプリンターを使うこと及び、ナイロン12とガラス入りナイロン材料を用いることにより他社で出来なかった形状がダイレクトで再現できます。品質の高さが評価されているOS FOMIGA P110での造形です。又、造形後の樹脂塗装についても対応しています。

工業製品向けにはハイエンド非接触光学式3次元デジタイザスキャニングからリバースエンジニアリングまで対応しています。又、二次元図面からの3dモデル製作にも対応しているので、時間が足りない忙しい技術者の強い味方となっています。

公式サイトはコチラ

株式会社ソディック

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
サービス ★★★★
利便性 ★★★★★

ポイント

  • ワンプロセスミーリングで複雑な加工も可能
  • 複数個所を同時に造形する事が可能
  • 自社製の新型NC装置が信頼されている

レーザーを金属粉末に照射する事で溶融して、そこからワンプロセスミーリングを行えるのが、株式会社ソディックの3dプリンターの利点です。仕上げ加工まで連続して行えるために、作業効率を大幅にアップさせる事ができます。

株式会社ソディックの3dプリンターは、一台のレーザーを高速で制御する事ができるために、複数個所の造形も同時に行えます。切削加工時間を大幅に短縮する事ができるだけでなく、金属粉末の排出も自動的に行う事が可能です。

株式会社ソディックが自社開発と製造を行っている、新型NC装置と高性能リニアモータは、その性能の高さでも注目されています。樹脂温度シミュレーションの正確性でも評価は高く、加工中のトラブルを防ぐために役立てられています。

公式サイトはコチラ

アルテック株式会社

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス ★★★
利便性 ★★★★

ポイント

  • 今までの方法ではできなかった複雑形状を3dプリントできる機種を提供しています。
  • 少ない初期投資で3dプリンターを導入できます。
  • 提供している3dプリンターは、オフィス環境で使用することができます。

アルテック株式会社が提供している3dプリンターは、デスクトップメタル社製の「Studioシステム」です。その特徴は、金属粉末射出成型法を応用してプリントを行う点にあります。この手法は、金属を射出することで部品を製造するため、これまでの3dプリンターでできなかった複雑形状の成形が可能です。

販売をしている金属3dプリンター「Studioシステム」は、プリンターとデバインダーステーション、焼結炉で造形が完結する単純なシステムを採用しています。そのため、アルテック株式会社からであれば従来に比べて少ない初期投資で3dプリンターを導入することができます。

金属3dプリンター「Studioシステム」は、専用ルームや特別な外部換気装置を設置することなく使用することができます。そのため、プリンターを置く場所さえ確保あればオフィス環境でも問題なく使用可能です。

公式サイトはコチラ

丸紅情報システムズ

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
サービス ★★★★
利便性 ★★★★★

ポイント

  • 従来機よりも安いので導入がしやすい
  • 複雑な造形にも対応することができる
  • オフィスにおいて使うことができる

メーカーなどでは試作品を作るコストを下げたいと考えるところも多いです。丸紅情報システムズでは金属の加工が行える3dプリンターを提供してくれます。従来の金属対応タイプに比べると導入コストが安くなり、整備費用も抑えられます。

試作品などを作りたいとき、細かい部分まで忠実に再現されているとその後の計画なども立てやすくなります。丸紅情報システムズの3dプリンターはより細かい造形ができる仕組みを採用しています。他社に依頼しなくても、自社内で作ることができます。

3dプリンターは削りかすなどが発生するものもあり、専用の作業室などを設けないといけないものもあります。丸紅情報システムズの勤続対応3dプリンターは、削りかすなどが出にくくなっています。一般的なオフィスに設置ができます。

公式サイトはコチラ

3dプリンターはこれまで難しかった金属の複雑な形状も立体化できる

どんなに想像力が豊かな人であっても、まだ見ぬ物を紙に描かれた図面やイラストでそのすべてを理解できるわけではありません。現物とほぼ同じ物を手にして初めて分かることがあります。これはビジネスのシーンではよくあることなのですが、たとえば新しい商品を開発するとき、今までは前述したように紙に描かれた図面やイラストなどである程度の感覚をつかむしか方法がありませんでした。しかし、こうした想像をしながらの商品開発では、真のアイデアは生まれにくいことも事実です。魅力的な商品を開発するのであれば、やはり実際にそれを見て、触れて、そして試すことが肝心です。感触というものは本当に大切なもので、その商品を実際に持った時の触り心地や握り心地、それから重さなども確認できれば商品のクオリティアップにつながるでしょう。

商品開発のビジネスでは、よくプレゼンテーションやコンペなどが頻繁に行われています。これに勝ち抜かなければ仕事はもらえませんから頑張るわけです。このプレゼンテーションやコンペでも、新商品をプレゼンするときには現物に即したモデルが不可欠になります。たとえば、建築業界ではこうした情報をクライアントに正確に理解してもらうためには、図面や仕様書だけでは物足りません。今まではそうやってきたのですが、これからは違います。ここでは雰囲気というものも重要になるのです。それで建築模型が活用されますが、その完成度も大切。そこで登場したのが3dプリンターです。これで作れば模型の製作期間も削減できるばかりか、現物に近い形なのでクライアントの理解を得ることができます。プレゼンテーションもかなり有利になることは間違いありません。

3dプリンターで扱う素材は機種によって異なる場合がありますが、樹脂や金属も可能です。ですからその用途はさらに広がります。樹脂の素材は今までの3dプリンターでは当たり前のように使われてきましたが、これが金属も扱えるとなるとかなり便利です。普通、金属加工というものには切削、鋳造、鍛造などさまざまな技術が使われてきました。しかし、こうした独特の加工技術は、今では3dプリンター一台でできてしまうのです。この3dプリンターは、まずモデルをスキャンするところから始められます。スキャンしたデータをデジタルデータ化して、それを立体物として再現する。簡単に言えばこういう仕組みです。特に金属3dプリンターは、これまで難しいと言われていた複雑な形状の立体物を造形できるという大きな魅力があります。

TOPへ戻る