教えて!3Dプリンター徹底リサーチ

Home > 金属3dプリンターについて > 作業の手間を減らせる金属の3dプリンター

作業の手間を減らせる金属の3dプリンター

 金属の製品を作る時は特別な方法を行いますが、3dプリンターを使ったやり方は簡単です。
他の方法に比べて少ない手間でできるため、効率よく商品を作りたい時に使われています。
製造方法には2つの種類があって、1つは金属の粉をレーザーで焼き付ける方法です。
粉を使って行うので細かい調整ができますが、表面がザラザラしてしまう欠点があります。
精度の高いものを作る時に便利なので、特別な商品を作りたい時に効果的です。
他のやり方としては金属のワイヤーを溶かして、製品を作るタイプもあります。
こちらは粉のものに比べると精度は低めですが、表面がきれいになるので便利です。
3dプリンターを使った金属の加工は、データさえあればどのようなものでも作れます。
試作品がいる場合に短時間で用意できるので、新しいビジネスをする時に使える方法です。


 3dプリンターを使って金属の製品を作るのは、手間のかからない良さがあります。
他の加工方法ですと切断をする作業や、溶接をして対応しなければいけません。
しかし3dプリンターを使えば、必要なデータを入れればあとは自動で行ってくれます。
楽に作業を頼める方法ですけど、実は問題点もあるので注意がいります。
それは出来上がるまでに時間がかかる点で、作業にかかる負担は確認すべきです。
3dプリンターでは金属を少しずつ加工して、製品を作るため短時間では終わりません。
小さなものならば短い時間で製作できますが、大きなものだとかなり時間がかかります。
また利用する製品によって終わるまでの時間が変わるので、使う機器の選び方も重要です。
3dプリンターは便利な製品ですが、特徴もあるためよく調べてから使うのが大切です。


 金属を使った3dプリンターは高性能ですが、特別な機器を用意する必要があります。
自社で購入するのは負担が大きく、メンテナンスの手間もあるため楽ではありません。
少ない負担で3dプリンターを使いたいならば、専門の会社に依頼するのが簡単です。
高価な製品を使った作業を頼める所も多く、品質の高いものを作ってくれます。
仕事を依頼する時に気をつけたいのは、作業で必要になるデータ作りです。
3dプリンターは製品によってデータの形式が違い、それに合ったものでなければいけません。
データを作る作業は頼める場合がありますが、ある程度はこちら側で対応しなければいけません。
加工に関する知識も重要になるため、3dプリンターで金属製品を作る時は注意がいります。
自動で必要な製品を作ってくれるこの方法は、便利ですが工夫もしなければいけません。

次の記事へ

TOPへ戻る