教えて!3Dプリンター徹底リサーチ

Home > 金属3dプリンターについて > 金属にも対応できる3dプリンター

金属にも対応できる3dプリンター

 少し前まで3dプリンターは特殊な企業しか持っていなかった、ということがありました。
しかし最近では3dプリンター本体の価格もかなり下がってきましたし、気軽に利用をすることができるようになりました。
今までは手作業で作らなければいけなかった模型なども3dプリンターを利用することによって、細かい部分まで再現をすることができるようになりました。
金属でも対応をすることができるようになっているので、レベルの高いものを作ることができるようになっています。
プリントをする際のコストも抑えることができるようになったので、導入しやすい環境になったということができるでしょう。
特殊な企業でもより精度が高いものを導入するようになってきているので、手間をかけることもなく、レベルの高い模型などを作ることができます。


 金属でプリントをしたい場合、吹き付けるという形を取ることがあります。
吹き付けであれば重さもそんなに感じることはありませんし、コストも抑えることができます。
また時間もそんなにかけることもないので、出来るだけ早くに仕上げて欲しいという時には対応しやすいです。
しかし吹付ではない場合にはかなり時間がかかりますし、対応をすることができる素材にも制限が出てくるので、注意をしなければいけません。
機種によっても素材に関して制限が変わってくるので、プリントアウトをする前に確認をしておく必要はあるでしょう。
また金属でのプリントアウトが可能としている3dプリンターに関しては一般的なものよりも高額になっていますし、メンテナンスもかなり大変になってくるということがあるので注意が必要です。


 自社で導入をすることが難しい場合や、そんなに頻繁に使うことがないという場合には、外注をしてみるとよいでしょう。
納期に関しても相談に応じてくれるということがあるので、安心をして任せることができます。
金属の場合には時間もかかってしまうということがあるので、出来るだけ余裕を持って発注をするとよいでしょう。
外注の業者もかなり数が増えてきているので、複数の業者に見積もりの依頼をしてみるとよいかもしれません。
比較検討を行うことによってよりコストを抑えることができます。
昔はできなかったことが今では出来るようになっているので、技術の進歩を実感することができるでしょう。
模型よりも3dプリンターを使ったもののほうが丈夫ということもあるので、利用をするメリットは大きいです。

次の記事へ

TOPへ戻る