教えて!3Dプリンター徹底リサーチ

Home > 金属3dプリンターについて > 金属造形に最適な3dプリンター

金属造形に最適な3dプリンター

 プリンターと言えば、一般的には紙をプリントアウトするものを指します。
すなわち、パソコンで作成した図面を平面的、二次元的に印刷するプリンターです。
これに対して、3dプリンターは、3つのディメンション、すなわち縦、横に高さを加えて、立体を印刷することができます。
印刷と言っても、トナーではなく、樹脂や金属などの材料を少しずつ積層していきます。
パソコンのデータが基になっていることは共通ですが、立体的に造形できる点において、極めて画期的です。
完成品のイメージについて、平面では伝えることができない部分も表現することができます。
例えば、公共施設や大型ビルのコンペに当たっては、二次元の図面では完成イメージができないので、建築模型が使われます。
しかし、この模型の製作にもかなりの時間を要します。
しかし、3Dプリンターであれば、設計図ができればそのとおりの造形物を短時間で製作できます。


 完成品と寸分違わぬ精度で造形できますので、部品の組み付けの確認を行うことにも適しています。
設計段階においては理論上問題がないことになっていても、実際に部品同士を組み付けする際に問題が発生することも考えられます。
設計ではわからない部分ですので、試作品を製作して実際に試してみることになります。
この場合、その試作品の製作にも時間がかかってしまいます。
しかし3Dプリンターであれば、すぐに試作品を製作することができますので、組み付け状況や動作や操作性について事前に確認することが可能です。
設計段階で確認を行うことで、製造段階に入ってからのトラブルを未然に防ぐことができます。
精度の高い試作品を製作することで、仕上がりまでに必要な時間も正確に把握することができますので、コスト計算も容易です。


 3dプリンターの精度はますます向上していますので、試作品ではなく、実際に使われる製品としても活用されています。
これまでであれば鋳型が一般的でしたが、精度の面でどうしても落ちる部分があります。
3dプリンターであれば、使える材料に制約はありますが、精度の高い製品を製作することができます。
自由度が高いので、変わったデザインの製品の製作や重量削減に大いに貢献します。
また、医療においては、人によって医療材料が異なりますので、その製作にも役立ちます。
さらに、CT画像などから患者の患部のモックアップを作製し、それを使って手術のシミュレーションを行うことも可能です。
これにより、手術の成功度の向上に役立ちます。
他にも様々な分野で使われていますが、今後その用途がますます拡大することが予想されます。

次の記事へ

TOPへ戻る