教えて!3Dプリンター徹底リサーチ

Home > 金属3dプリンターについて > 3dプリンターは個人の趣味やモノづくりにとても便利です

3dプリンターは個人の趣味やモノづくりにとても便利です

 プリンターは、コンピューターで作成したデータを外部に出力するための装置です。
プリンターと言えば、かつては文章や画像など2次元のデータを紙を中心とした媒体に平面的に印刷するためのものを指していました。
現在でも、このようないわゆる通常のプリンターは、ビジネスの場面や家庭などで広く利用されています。
しかし、最近では、それだけに止まらない新たなタイプのプリンターも存在感を示すようになってきました。
それが、3dプリンターです。
3dプリンターは、その名が示す通りコンピューターによって作成された3次元データ、つまり立体的な設計図を実際に物として出力することができる機器です。
3dプリンターで材料として使用されるのは、もちろん通常のプリンターのような紙やインクではありません。


 3dプリンターは、3次元のデータを実際の形で出力することが可能な装置です。
その仕組みを簡単に説明すれば、極めて2次元に近い形で可能な限り薄くスライスされた層を、いくつも積み重ねることによって立体化するのが3dプリンターの基本的な原理です。
出力の方法にはさまざまなものが存在しますが、主なものとしては光造形方式やFDM(熱溶解積層)方式、粉末方式などがあります。
光造形方式は、液体状の樹脂に紫外線などのレーザー光線を照射して、少しずつ硬化させていく方法です。
また、FDM方式では、熱で溶解した樹脂を何層にも渡って積み重ねていくことで立体を形作ります。
一方、粉末方式では、粉末化された樹脂や金属のごく薄い層を高出力レーザーや高電圧、あるいは接着剤などを利用して固めていきます。
3dプリンターでは、樹脂や金属を利用することで立体データを出力するのです。


 3dプリンターは、従来のプリンターの概念はもちろん、それまで工業製品や手作りに頼っていたさまざまなモノづくりを根底から覆す新たなタイプの装置でした。
しかし、1980年代後半の実用化からしばらくの間は、高価な価格と専門性が必要な操作がネックとなり、利用できるのは主に企業や事業所に限られていました。
一般の家庭や個人にとって、初期の3dプリンターは決して身近な存在ではなかったのです。
その傾向に変化が見え始めたのが、2010年頃のことでした。
数万円から数十万円で購入が可能で、しかも比較的簡単に操作ができる低価格帯の3dプリンターが、次々と発売されるようになったのです。
3dプリンターがあれば、多種多様な造形物を思いのままに作り出すことが可能です。
そのため現在では、個人の趣味やモノづくりのために3dプリンターを活用する人が急速に増えています。

次の記事へ

TOPへ戻る