特集☆セカンドオピニオン税理士

トップ > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士に相談する主な3つの理由

セカンドオピニオン税理士に相談する主な3つの理由

 税理士と契約している方々は、たまに不満感を覚えている事があります。
その際に、セカンドオピニオン税理士が検討される事も少なくありません。
セカンドオピニオン税理士に依頼する理由は色々ありますが、主に3つあります。
まず1つ目は説明の分かりやすさです。
税理士によっては、話の内容が少々分かりづらい事があります。
専門用語が多くて、話が少々分かりづらく感じられる事も実際あります。
その場合、別の税理士にも相談してみる訳です。
そもそも話の分かりやすさは、税理士によって異なります。
税理士によっては、あまり専門用語を使わずに噛み砕いて話してくれる事もあります。
話は分かりやすいに越した事はありませんし、不明点をスムーズに解決したい時などは、セカンドオピニオンが検討される事もあります。

 2つ目の理由は節税です。
そもそも税理士は、それぞれ専門性や知識は異なります。
あえて別の税理士に相談してみると、節税額が大きくなるケースも実際あります。
例えば現在契約中の税理士に相談してみたところ、節税見込み額は400万円だと伝えられました。
仮に、その契約中の税理士はAさんだとします。
しかし相談したBさんとしては、節税額は400万円以上になる可能性もあると考えました。
そこで、改めてCさんという別の税理士に相談してみる訳です。
CさんがBさんの会社の財務状況を確認してみたところ、600万円であると算出される事があります。
というのもAさんとCさんは、それぞれ知識が異なります。
Cさんの場合は公的制度に色々詳しいので、上記のような大きな節税額を提示してくれる事もある訳です。
ですから節税額が気になる時は、セカンドオピニオンも検討してみる価値があります。

 3つ目は相続です。
例えばある社長の方は、ひとまずAさんという税理士と契約中です。
普段から経営や節税に関するアドバイスも教えてくれる税理士なので、特に不満はない状態だとします。
ところが、ある時に遺産相続が気になり始めました。
親族から大きな財産が譲渡される可能性が出てきたので、Aさんに相談してみました。
しかしAさんは相続にあまり詳しくないので、なかなか節税方法が見えてきません。
その際に、Bさんという別の税理士に相談してみる方法もあります。
この場合、相続問題に詳しい税理士を選んでおくのが望ましいです。
税理士は、それぞれ専門分野は異なります。
経営コンサルティングが得意な税理士もいれば、相続問題が得意というケースもあります。
相続に関して相談したい訳ですから、相続に詳しい税理士を選ぶのが無難です。

次の記事へ

ページトップへ