特集☆セカンドオピニオン税理士

トップ > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士のメリットと節税額の拡大

セカンドオピニオン税理士のメリットと節税額の拡大

 税金に関する悩みを抱えている方々は、よく税理士に相談しています。
税理士は税金の専門家ですし、自社の悩みを話してみますと節税の方法を教えてくれるケースもあります。
税理士によっては、節税のアドバイスを受ける事も可能です。
会社によっては、納税額はかなり大きくなっている事もあります。
会社の規模が大きい時などは、かなりの納税額も大きくなりますから、節税できる金額が大きくなる事も珍しくありません。
税理士に依頼しますと、指定の報酬などを支払う事になります。
しかし節税できる金額も大きいので、費用を支払って税理士に相談している方も多いです。
ところで節税に関心があるなら、セカンドオピニオン税理士という手段もあります。
1人だけに相談するのではなく、あえて2人に相談してみる訳です。

 そもそも税理士は、必ずしも適正な節税対策を施しているとは限りません。
やり方を工夫してみれば、節税額が大きくなる可能性も実際あります。
例えば、現在はAさんという顧問税理士に相談しているとします。
Aさんは、節税に関するアドバイスも教えてくれます。
会社のお金も節約できているように見えるので、Aさんに任せている状態だとします。
それに加えて、あえて別のBさんというセカンドオピニオン税理士に相談してみるやり方もある訳です。
実際、Bさんが提案してくる内容通りに申告しますと、節税額が大きくなるケースもあります。
Aさんだけに相談している状態ですと、節税額は400万円だとします。
それに対してBさんにも相談しますと、節税額は600万円など増えるケースもあります。
それならBさんにも依頼してみる価値はあります。

 なぜ上記のような差額が生じるかというと、そもそも税理士は専門分野も異なります。
税理士は、必ずしも全分野を網羅している訳ではありません。
上記のAさんの場合、節税に関する公的制度にあまり詳しくないので、400万円程度に限定されているケースもあります。
もしくは知識に関する事情があって、節税額が限定されるケースもあります。
つまりAさんにも、不得意な分野がある訳です。
ところがBさんという新しい税理士に相談してみると、その不得意な分野をカバーしてくれる事があります。
別の視点から申告書などを作ってくれますから、上記の600万円のような状態になるケースもあります。
ちなみにBさんという別の税理士に相談しますと、別途で費用はかかります。
しかし節税できるメリットも大きいので、セカンドオピニオン税理士を検討している方も少なくありません。

次の記事へ

ページトップへ