特集☆セカンドオピニオン税理士

トップ > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > セカンドオピニオン税理士のメリットと話の分かりやすさ

セカンドオピニオン税理士のメリットと話の分かりやすさ

 専門家の話を聞いてみると、やや分かりづらく感じられる事があります。
というのも専門家は、必ずしも分かりやすく話してくれるとは限りません。
相談者の目線が分かっていない専門家ですと、説明が難解になってしまうケースがあります。
専門用語を連発されてしまい、結局は話の内容が十分伝わらないケースもあります。
専門家の話しを聞いている本人からすると、それは少々困ります。
税理士に相談した時も、同じような問題点が浮上する事があります。
例えば会社を経営していたところ、節税に注目したとします。
それで税理士に意見を聞いてみたところ、話の内容が難しすぎる時などは少々困ってしまう訳です。
上記のような悩みが生じた時には、セカンドオピニオン税理士という方法もあります。
あえて別の税理士の意見に耳を傾けてみる訳です。

 そもそも税理士は、それぞれ特徴が異なります。
分かりやすく話してくれる税理士もいれば、そうでないケースもあります。
税理士によっては、あまり専門用語を使わずに噛み砕いて話してくれる事があります。
難しい表現を使わずに、相談者が理解しやすいよう努めてくれる税理士もいる訳です。
ですから現在誰か税理士が付いていても、あえて別の税理士に相談してみますと、解決策が見えてくるケースもあります。
例えば現在はAさんという顧問弁護士が付いているものの、話は少々難解です。
Aさんは専門用語が多くて、話が見えづらい状況です。
そこで改めてBさんという別の税理士に相談してみると、話が見えてくるケースがよくあります。
Bさんと相談してみた結果、節税の解決策が見えてくるケースも実際あります。

 ただしセカンドオピニオン税理士にはデメリットもあって、費用は別途で追加される形になります。
例えば現在はAさんに100万円支払っていて、新たにBさんという税理士に相談する時には、別途で100万円かかるケースもある訳です。
しかし会社を経営している本人からすると、「分かりやすく話してくれる方が望ましい」事もあります。
たとえ100万円を別途で支払う事になっても、Bさんが分かりやすく話してくれるなら、それでも構わないというニーズもあります。
費用はかかっても、それだけのメリットがある訳です。
ただしセカンドオピニオン税理士も、ある程度は慎重に選ぶ必要があります。
基本的には、色々な税理士と話をしてみると良いでしょう。
色々な税理士と直接話をしてみて、分かりやすく説明してくれる税理士に依頼するのがおすすめです。

次の記事へ

ページトップへ