特集☆セカンドオピニオン税理士

トップ > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > 今話題のセカンドオピニオン税理士の事を知る

今話題のセカンドオピニオン税理士の事を知る

 自社の節税対策のアドバイスを求めたりするために、税理士事務所と顧問税理士契約を行っている企業も多いかと思いますが、そんな企業の中でセカンドオピニオン税理士を利用する流れが進んでいるようです。
セカンドオピニオン税理士とは、顧問税理士以外の税理士の意見を知りたいという時に利用する税理士で、特に慎重に行いたい税務に関しての対策をする場合に利用するという企業が多いようです。
このセカンドオピニオンというのは医療現場をきっかけに広まってきた概念で、このセカンドオピニオンにより自分の本当の症状が見つかったなどというケースも少なくない事から、会社の健康診断を行う税理士業界にも広まっていったと言われています。
今ではこうしたセカンドオピニオンの相談を積極的に行っている税理士事務所も沢山あります。

 では、こうしたセカンドオピニオン税理士はなぜ今注目を集めているのでしょうか。
その理由の1つが、今まで当たり前と思っていたことがそうではなく、新たな発見をする事が出来るという点があります。
一般的に、顧問弁護士は企業と長い契約を行っている場合が多く、その企業の事について良く知っているという反面、変化に気づきにくいという面も生じてきます。
身内が見て当たり前のことが他社から見て当たり前とは限りません。
実際、セカンドオピニオン税理士に相談する事によって会社の知られざる弱点や、税務対策においての方向性の間違い等が見つかる事も多々あるようです。
また、長く付き合いのある税理士には言いにくい事も相談しやすいというメリットもあります。
このような現状打破を目的に、セカンドオピニオン税理士を利用するケースも多くあります。

 また、セカンドオピニオン税理士としての相談を受け付けている所は、色々な企業や組織等の知識を幅広く取り入れられるという利点もあります。
その利点は、相談する企業にとっても有益となり得ます。
自社とは全く関係のない業界や業態の体験談が、自社の問題を解決するヒントとなる場合もあり、思わぬところから解決の糸口が見つけられる可能性もあるのです。
さらに、相談した結果出た意見が顧問税理士等と合致した場合には、出した結論を進めていくためのより強固な拠り所となります。
複数の税理士が同じ意見とあれば、その正当性が補強されるという結果になり、何の心配も無くその対策を進めていく事が出来ます。
色々な使い方が考えられるセカンドオピニオン税理士は、今後も需要が広まっていくと考えられます。

次の記事へ

ページトップへ