特集☆セカンドオピニオン税理士

トップ > セカンドオピニオン税理士の豆知識 > 短期的な案件でセカンドオピニオン税理士に相談

短期的な案件でセカンドオピニオン税理士に相談

 セカンドオピニオン税理士は、短期的な悩みに関して相談する事もできます。
多くの方々は、契約中の顧問税理士に不満感がある時に、セカンドオピニオン税理士の契約をしています。
例えば現在契約中の税理士は、説明が少々難しいとします。
専門用語が多くて、話の内容が分かり税理士です。
その場合、あえて別の税理士に相談してみる方法もあります。
話が分かりやすい税理士に相談してみれば、悩みが解消されるケースもあるからです。
また別の視点からの節税対策の情報を知りたいので、セカンドオピニオンが検討される事もあります。
別の税理士に相談してみると、さらに大きく節税できる可能性もあるからです。
その他にも、セカンドピニオン税理士に相談する理由は色々あります。
もっと短期的な理由で、セカンドオピニオンが検討される事も多いです。

 例えば経営の悩みです。
会社経営している方々は、色々なハードルに直面している事があります。
自分なりに色々工夫してみるものの、なかなか会社の売上数字が良くならない事も、たまにあります。
その際、一応は契約中の顧問弁護士に相談してみる方法もあります。
しかし、その顧問弁護士は経営改善にはあまり詳しくありません。
相談してみるものの、なかなか解決策が見えてこないケースもあります。
その際に、セカンドオピニオン税理士という選択肢が浮上する訳です。
経営改善に詳しい税理士に相談してみると、新たな解決策が見えてくるケースもあります。
経営改善という相談内容は、比較的短期の案件ではあります。
スポット案件と表現される事もありますが、そのような短期的な案件で税理士に相談してみる訳です。

 またスポット案件と言えば、相続対策もあります。
人によっては、親族からの財産譲渡がほぼ確定していて、譲渡する金額が比較的大きくなっている事があります。
譲渡金額が多い以上、納税額も高くなる可能性が大いにあります。
その際、現在契約中の顧問税理士に相談してみても、相続税の節税方法が見えてこないケースもあります。
現在契約中の税理士は、あまり相続税に詳しくないからです。
その時も、スポット的に税理士に相談してみる方法があります。
相続に関する専門知識が豊富な税理士に相談すると、相続に関する解決策が見えてくることも、実際あります。
相続対策の案件は、たいてい短期的な契約期間になります。
税理士には、そのような短期の案件で相談する事もできる訳です。
状況に応じて、セカンドオピニオン税理士に相談してみると良いでしょう。

次の記事へ

ページトップへ